自分らしい東京の一人暮らし・格安物件とシェアハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京のワンルームで5万円以下

最近、「家賃5万円以下の物件情報サイト」など、格安物件の情報に特化したサービスが話題になっています。古い、狭いなどの条件でも、それなりに格安な物件なら借り手が見つかるはずですが、こうした物件は最近まで、長らく空室のまま放置されてきたものが多いのです。賃貸仲介業者の手数料は家賃と連動するため、あまりにも安い物件は敬遠されていたからです。しかし、こうした部屋が流通するようになったことは、少しでも家賃を抑えたい消費者にとってはありがたいことです。

シェアハウス

さらに賃料を抑えたい人のために、シェアハウス物件も増えています。当初よりシェアハウスとして企画された物件は、内装も新しく、共有スペースネットや地デジ設備も充実して住みやすい環境です。敷金・礼金がゼロ円の物件もあります。そして、いつも話し相手が見つけられるという大きなメリットもあります。似た境遇の友人との絆を深めたり、海外からの留学生と交流したりする機会があります。

住のコストを下げて夢の実現

かつて冒険家の植村直己氏は、日本での生活では何もない部屋に寝袋で寝泊りして生活費を節約し、とび職で稼いだお金を貯めては世界の頂を制覇しました。住のコストを下げればリスクのある生き方も可能。夢の実現に早く近づくため、このような部屋が出発点になるかもしれません。
new!おすすめコンテンツ
日本の歴史と住まい
日本の庶民の衣食住のスタイルが確立されたのは江戸時代です。江戸のような町でも、農村でも、豊富な木を用いての木造家屋でした。
成熟社会の住まいとは
2006年6月、「住生活基本法」が公布・施行されました。住宅の「質」さらに生活の「質」を重視する住政策をとろうという重要な政策転換です。
他人事ではない一人暮し
今、日本で最も多いのは単身世帯で、全体の世帯数の3割に上ります。2030年にはこの割合が37.4%まで上昇するという国の推計もあります。
ソーシャルアパートメント
「ソーシャルアパートメント」は、シェアハウスよりも共有・交流スペースと個人の部屋が明確に分かれています。

Copyright (C)2017「暮らし方」で選ぶマンション 〜デザイナーズ・シェアハウス・最新オフィス事情まで〜.All rights reserved.