人気のデザイナーズマンションがどんどんバリエーション豊かに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーズマンションとは

デザイナーズマンションとは、元々は、建築家などによってデザインされた、オーダーメイドのマンションの総称のことです。最近では広義に使われ、「外観が個性的なマンション」「ロフト付きなどで差別化した賃貸物件」まで総称されることもありますが、基本的には以下のような特長をもつマンションのことをいいます。

・有名建築家が設計
・一戸ごとに違ったデザイン
・明確なテーマを持っている

手が届きやすくなった

デザイナーズマンションは90年代後半から賃貸物件として出てきましたが、供給量が希少で、賃料もかなり割高だったので、なかなか出会えないものでした。しかし、現在は供給量が増え、手ごろな賃料のものも増えてきました。バリエーションも広がっています。

最近のデザイナーズ

デザイナーズマンションの特徴に以下のようなものがあります。

・収納が豊富、または収納が全くない
・コンクリート打ちっ放しの内観や天井高、しかし空調コストが割高
・螺旋階段、室内階段など、バリアフリーと逆行
・充実のシステムキッチン、またはキッチンがない
・ロフト、屋根裏収納、メゾネットなど縦の空間活用
・ピクチャーレール、ライティングレール
・部屋ごとにカラーバリエーション
・室内に自転車やバイク置き場
・中庭や広いバルコニー
・特徴のあるバスルーム

などなど、様々なマンションが登場しています。分譲される物件もあります。自分のテイストにぴったりの部屋を探してみましょう。
new!おすすめコンテンツ
日本の歴史と住まい
日本の庶民の衣食住のスタイルが確立されたのは江戸時代です。江戸のような町でも、農村でも、豊富な木を用いての木造家屋でした。
成熟社会の住まいとは
2006年6月、「住生活基本法」が公布・施行されました。住宅の「質」さらに生活の「質」を重視する住政策をとろうという重要な政策転換です。
他人事ではない一人暮し
今、日本で最も多いのは単身世帯で、全体の世帯数の3割に上ります。2030年にはこの割合が37.4%まで上昇するという国の推計もあります。
ソーシャルアパートメント
「ソーシャルアパートメント」は、シェアハウスよりも共有・交流スペースと個人の部屋が明確に分かれています。

Copyright (C)2017「暮らし方」で選ぶマンション 〜デザイナーズ・シェアハウス・最新オフィス事情まで〜.All rights reserved.