都会の新しいコミュニティ生活・ソーシャルアパートメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソーシャル」というテーマを重視

「ソーシャルアパートメント」は、シェアハウスよりも共有・交流スペースと個人の部屋が明確に分かれています。個人の部屋は寝室、リビングにあたる部分は大型テレビやソファがある広々した共有のラウンジ、他にキッチン、ダイニングルームも共有です。個室にバス・トイレが含まれる物件もありますが、最新のものはバス・トイレも共有スペースになっているところが多いです。バス・トイレ・キッチンが共有だと、管理費で清掃・管理してくれるというメリットがあります。外国の学生寮のような雰囲気で、居住者同士がクラブメンバーのように交流する、「ソーシャル」というコンセプトを重視しています。

プラスアルファも魅力

入居者の共有スペースとしてアミューズメント室、トレーニング室、共有の庭やバルコニー、女性専用ビューティルームなどを備えている物件もあります。交流スペースではパーティや英会話レッスンもあります。物件の管理会社が交流を演出する試みを多数行っているのです。

交流が暮らしを活性化

日本に来た外国人が早く日本語や慣習を覚えるためにソーシャルアパートメントに住む選択をすることが多く、様々な国籍の外国人との交流が図れます。また、親友、結婚相手、転職などかけがえのない出会いをする人も多いそうです。年代や職種の異なる人同士が親しく付き合える、ソーシャルアパートメントは都会における新しいコミュニティの拠点となっています。
new!おすすめコンテンツ
日本の歴史と住まい
日本の庶民の衣食住のスタイルが確立されたのは江戸時代です。江戸のような町でも、農村でも、豊富な木を用いての木造家屋でした。
成熟社会の住まいとは
2006年6月、「住生活基本法」が公布・施行されました。住宅の「質」さらに生活の「質」を重視する住政策をとろうという重要な政策転換です。
他人事ではない一人暮し
今、日本で最も多いのは単身世帯で、全体の世帯数の3割に上ります。2030年にはこの割合が37.4%まで上昇するという国の推計もあります。
ソーシャルアパートメント
「ソーシャルアパートメント」は、シェアハウスよりも共有・交流スペースと個人の部屋が明確に分かれています。

Copyright (C)2017「暮らし方」で選ぶマンション 〜デザイナーズ・シェアハウス・最新オフィス事情まで〜.All rights reserved.