単身世代の増加といろいろな物件

その他のカテゴリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new!おすすめコンテンツ
日本の歴史と住まい
日本の庶民の衣食住のスタイルが確立されたのは江戸時代です。江戸のような町でも、農村でも、豊富な木を用いての木造家屋でした。
成熟社会の住まいとは
2006年6月、「住生活基本法」が公布・施行されました。住宅の「質」さらに生活の「質」を重視する住政策をとろうという重要な政策転換です。
他人事ではない一人暮し
今、日本で最も多いのは単身世帯で、全体の世帯数の3割に上ります。2030年にはこの割合が37.4%まで上昇するという国の推計もあります。
ソーシャルアパートメント
「ソーシャルアパートメント」は、シェアハウスよりも共有・交流スペースと個人の部屋が明確に分かれています。

Copyright (C)2017「暮らし方」で選ぶマンション 〜デザイナーズ・シェアハウス・最新オフィス事情まで〜.All rights reserved.