いろいろメリットがあるマンションに住む魅力は何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マンション」という空間

豊かな住生活の追求が始まっているということを前述しましたが、このサイトでは対象を「マンション」に焦点を絞って概観していきます。なぜ「マンション」なのか。それは以下のような理由からです。

★低コスト
 購入するにも賃貸でも戸建より安価なので、こだわりを追求する部分に予算を振り向けられます。

★住替え、引越しが気軽にできる
 一人暮らし、二人暮らし、家族が増えたり減ったりしたときに住替えが簡単です。特に少人数の暮らしに合うコンパクトな物件が豊富です。

★リフォームの自由度が高い
 部屋と柱の場所が決まっている戸建より、マンションのほうが間取り変更がしやすく、簡単にがらりと雰囲気を変えることができます。

★外界との隔絶に面白さがある
 マンションは一般には密閉性が高い空間です。外の世界とは全く違った世界を演出できます。昼間でも夜のような雰囲気、外は賑やかな繁華街でも中は落ち着いた静かな部屋、古びた建物に最新設備の部屋など。一歩足を踏み入れたときの落差も楽しいものです。

★空間に遊び心がある
 マンションは内装を取り払ってしまえばただのハコです。シンプルだからこそ大胆に想像力を働かせていろいろな役割を与えることができるのです。オフィスを住居に、レストランをオフィスに、自宅をショールームに。空間をアレンジする楽しみ方は無限大です。

様々な疑問を解消します。おすすめサイトをご紹介

new!おすすめコンテンツ
日本の歴史と住まい
日本の庶民の衣食住のスタイルが確立されたのは江戸時代です。江戸のような町でも、農村でも、豊富な木を用いての木造家屋でした。
成熟社会の住まいとは
2006年6月、「住生活基本法」が公布・施行されました。住宅の「質」さらに生活の「質」を重視する住政策をとろうという重要な政策転換です。
他人事ではない一人暮し
今、日本で最も多いのは単身世帯で、全体の世帯数の3割に上ります。2030年にはこの割合が37.4%まで上昇するという国の推計もあります。
ソーシャルアパートメント
「ソーシャルアパートメント」は、シェアハウスよりも共有・交流スペースと個人の部屋が明確に分かれています。

Copyright (C)2017「暮らし方」で選ぶマンション 〜デザイナーズ・シェアハウス・最新オフィス事情まで〜.All rights reserved.